【Youtube】切り抜き動画ブーム到来!作成ポイントや差別化は?

切り抜き動画作成ポイント
Pocket

最近、2ch創設者で有名なひろゆきさんを始め、Youtube界では切り抜き動画がブームとなりつつあるようです。

私もちょっとやってみたい気持ちもあるのですが、残念ながらそこまで自由な時間は持ち合わせておらず、またにわかファン程度の自分が参入したところで良いコンテンツが作成出来るとは思えません。

作成ポイントやどのように差別化を図るのが良いのか?私なりに考察してみました。先ず、Youtubeの動画を再生されるまでの導線を考えると、まだチャンネル登録者数が少ない初期の状態であれば、基本は検索流入がメインとなるかと思います。「〇〇 就職」とか「〇〇 人間関係」とか、、、〇〇はYoutuberの名前になります。

つまり、検索に引っかかる為のタイトルとハッシュタグが重要になるかと思います。

   

切り抜き動画作成時のポイント①

ブログと共通する点がありそうなので、ブログ的な考えになりますが、このように私は考えました。

間違いパターン)自分が好きなコンテンツ集を先ずはまとめたい→まとめ動画を作成した→動画に合ったタイトルやハッシュタグを付けてサムネールも作成!

正しいパターン)自分の好きなYoutuberの名前をキーにどのような検索キーワードの需要が多いか?先ずは一覧を作成する→需要の多いキーワードに対して自分が見た事のある動画でまとめが作れそうなものを列挙する→まとめ動画を作成する→検索ボリュームの多いキーワードをハッシュタグやタイトル要素に含める

上記、間違いパターンと正しいパターンの大きな違いは戦略があるかないか?です。つまり検索需要が見込めないにも関わらず、時間と労力をかけてコンテンツを作成しても、動画再生数は伸びないのです。登録者数が多ければ良いかもしれませんが、初期の段階では検索が頼りになります。

検索ボリュームを調べる方法は色々ありますが、ラッコキーワードやgoogleのキーワードプランナー等は有名どころではないでしょうか。

この戦略的というか、マーケティング的な工程がとても重要かと思いますのでここに時間をかけてみてはどうでしょうか。私はこの工程は得意かもしれませんが、実際にどんな動画があるのか?頭の中にYoutuber達がアップした動画のデータが乏しいので、どんな動画をまとめると良いコンテンツになりそうか?イメージがわきません。

上記、上流工程となるマーケティング工程と動画まとめ工程を分けて役割分担をすると良いかもしれません。もし、2人組や3人組でやるのなら、①普段ブログ等でキーワード設定に慣れている人、②普段対象となるYoutuberの動画を沢山閲覧している人、③動画編集、テロップを入れる、サムネール作成に慣れている人等、分業すると良いのではないかと思いました。

先ずはやってみよう!という考えも有りかとは思いますが、闇雲に作りたいものをどんどんアップしてもなかなか再生数が伸び悩む可能性があるので、慌てず作戦をよく考えてから望むと良いかと思います。

   

差別化ポイント(例)

既に、多くの切り抜きチャンネルが乱立している場合もあります。ひろゆきさんの切り抜き動画チャンネルは既に600近くまで増殖中らしく、既にレッドオーシャン状態となっているようですね。

では、そんな厳しい競争環境の中で、如何に自分のチャンネルを目立たせるか?がポイントになるわけですが、ここは他社の真似っ子では差別化になりません。独自の切り口でジャンル分けし自身のチャンネルでは例えば人間関係の悩み相談に特化するとか、就職・転職相談に特化するとか、コンテンツの層別だったり、見せ方やコンテンツの編集方法等、工夫が必要になるかと思います。

私がやるなら、例えば静止画(紙芝居形式)にして画質を最低画質まで落として超絶軽い動画にしてみるかもしれませんね。スマホのデータ通信料が月内の容量を超えてしまい128k/bpsや1M/bpsでも楽しめるようなコンテンツに仕立ててみたいです。月末付近にどの程度のユーザ数がいるのか?未知数ですが。。。

他には、既に出ているかもしれませんが、月度別再生ランキング上位でまとめたりですかね。基本は一本の動画を何個かに切り分けておいて、特定のカテゴリやジャンルでグルーピングするのが王道になるのかなと思います。

   

余談)こんな人にはオススメしない

この人の動画は見た事が無い。でも切り抜き動画を作成して儲けたい!こんな人は失敗する可能性が高いでしょう。

要するに切り抜きをする対象となるYoutubeチャンネルの動画を沢山見ていないとその方の志向や考え方の傾向、等が分からず、一貫性が保てなくなったり、誤字、誤表記等が生まれる懸念があります。

そうなると、あまり適切とは言えない組み合わせのまとめ動画や切り抜き動画が出来上がりそうです。逆に考えると、これまで沢山視聴してきたコアなファンにとっては大きなチャンス到来とも言えるでしょう。

かなり部分的な作成ポイントや差別化ポイントとなりましたが、誰でも簡単に出来るものではない!というのは少し理解いただけたのではないでしょうか。ですが、自分はこの役割は担えそうだ。私はこの役割なら何とか出来そう。。。等、チームで運営するのも良さそうですね。

また、誰でも簡単には出来ない=出来た時の価値が高いとも言えますので、チャレンジする価値は十分にあるかと思いますのでこれからやってみようという方の少しでも参考になれば幸いです。

   

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。アカサティナです。今はサラリーマンです。定年まで続けたいとは思っていません。色々第二の人生を考えてます。最近ブログを始めました。70年代生まれ、昭和の人です。ブログはWordPress、テーマは「ストーク」を使ってます。