【ブロガー必見】サードパーティクッキー廃止問題への対応策

サードパーティクッキー廃止
Pocket

Googleが来年でサードパーティクッキーの利用を廃止する。という衝撃的なnewsが、昨年末辺りに発信され、ブロガー界隈に激震が走りました。

さて、これからブログを始めようか、、、と悩んでおられる方や最近始めたばかりの方にとっては不安ではないだろうか、、、と思い私なりの見解を書いておこうと思います。

そもそも、サードパーティクッキーとはブラウザ(ChromeやIE等)内に残るキャッシュのような履歴データです。

簡単に言うと、例えば私、個人が閲覧したWebサイトやネットショッピングの履歴をGoogleやアフィリエイトサービスプロバイダが知る事が可能となり、そのような人には、この広告が刺さりそうだ。という事でOneToOneで最適な自動広告を掲出するようなサービスが可能でした。これはリターゲティング広告と言います。

また、アフィリエイト業者は誰のサイトから何の広告を経由して購入されたか?履歴をチェックできるので、広告媒体を掲載したブロガーに対して、アフィリエイトフィーの支払いも可能となりアフィリエイトという収益モデルが成立していたのです。

ですが、サードパーティクッキーの利用を廃止するとなると、アフィリエイト業者はこれまでのような、リターゲティング広告の掲載が出来なくなり、しかも誰の広告から購入されたのか?履歴を追う事も出来ないので、ビジネスモデルの前提を覆されたも同然ですよね。

脱Cookie後、アフィリエイト業者の未来は?

このままですと、今までと同様のビジネスモデルは通用しなくなるので何もしなければ広告主からの仕事は激減するでしょう。そもそもどのブログから購入されたのか?エビデンスがなくなるのでビジネスモデルが成立しません。

新たな仕組みを開発するか、Googleが考える今後のデジタルマーケティングの在り方をいち早く情報収集し、リプランを考えるか、、。色々と選択肢を迫られる事になりそうです。あまり、こういう事を書くと、新規アフィリエイターが消極的になってしまうかもしれませんので、マイナス要素はこの辺にしておきたいと思います。

Googleの対応方針:プライバシーサンドボックスの活用

私も詳しくは分かりませんが、個人を特定する事なく、ユーザーの嗜好を「ある」カテゴライズされた、ジャンルにグルーピング、クラスタリングに分別し、これらの一定のグループ単位でユーザーを層別、識別する事が可能となるようです。これらの識別をAIがやるので個人の情報が企業に晒される心配はないのだとか。。。(違ったらゴメンナサイ)

これにより、今までのような究極のリターゲティング広告とまではいきませんが、ある特定のジャンルに層別されたユーザー層に対しての、ざっくりとしたターゲティング広告が可能となるのです。

ブロガーが何をすれば良いのか?勝利へのヒントはコレだ!

今後も良いコンテンツ作り、信頼出来る情報発信を続ける事が正しい選択ではないだろうかと思います。また、上記に掲げたGoogleが考える新たなユーザーの層別(ジャンル分け)というのが、ブラックボックスになるのか?オープンになるのか?分かりませんが、特定のジャンルに刺さる何かに特化したブログである事が優位性を保つ可能性が高いのではないか?と推察します。

もし、仮にブラックボックス化されたのであれば、いち早くその特化ジャンルの切り口や層別方法を分析し、自身のサイトとマッチングを果たしそこでのグループ内でTOPの地位を築く事が出来れば、より条件の良い広告掲載オファーを頂戴出来るかもしれませんね。

また、最近のマーケティングのトレンドは10人中、9~10人に刺さる一般受けするものより、10人中、1~2人に強烈に支持されるものがビジネスとして大成功する傾向にあるのは、今更言うまでもありません。

要するに、極度な所得格差社会が生まれた結果、お金の使い方が二極化しているのです。ドラクエウォークで課金をしているユーザーは恐らく全体の5%に満たないのではないでしょうか。でもビジネスとしては大成功しているのです。

と言えば、納得していただけるかと思います。ブロガー達はより、適度なニーズはあるものの、ニッチな得意分野により特化し、コアなファンを獲得していく事が成功への近道になるのではないでしょうか。

また、自身のコンテンツ自体に非常に高い価値があるという自信があるならば、NOTEでコンテンツを販売するのも有りです。そのコンテンツが高かろうが、ごく少数のお金持ちの方に気に入ってもらえれば購入してもらえる事でしょう。

余談)先日、あるオンラインゲーム会社から、私ごときのサイトに広告掲載のお誘いを直接いただきました。私のサイトはゲームに特化したジャンルではないのです。むしろ真逆でビジネス系やちょっと意識高い系の記事を多くしているつもりです。

もしかしたら、早くも脱Cookie対応策として広告主側が直接ブロガーにコンタクトを取る動きが出ているのかもしれません。

つまり、アフィリエイト業者を介さずに、企業が直接、影響力のある個人ブロガーに広告掲載オファーを出すような時代に入りつつあるのです。F1のスポンサーみたいなものですね。これは上手くいけば、アフィリエイト業者にマージン料を取られないので料率というか利益率は高くなるかもしれません。

これからこのように中間マージンを生業にしている企業は厳しくなるでしょう。個人と企業が直接取引をする時代になり、フリーランスの割合が大きくなるのではないかと予想します。

その分、広告主側は個人サイトをチェックしたり色々と手間はかかるかもしれませんが、広告主側の意図やこうしたい等、リクエストが出来るメリットもありますよね。

話しは変わりますが、サードパーティクッキーの廃止の背景として、欧米では個人情報を保護する観点で、敬遠というかむしろ否定的な意見が多かったようですが、私個人的にはサードパーティクッキーの廃止は残念です。

これだけ情報が溢れている中、個人を特定しリターゲティングするマーケティング手法は究極のエコだったのではないか?と思うからです。前時代的な広告と言えばTVコマーシャルが挙げられます(TV業界の方ゴメンナサイ)。

これは全く興味のない人にも広告を見せる可能性が高いのです。これって時間の無駄だし、情報量の無駄だし、個人的にはあまり好きではありませんでした。

勿論、番組内容と照らし合わせた時にある程度のユーザー層のジャンル分けは出きそうですが、サードパーティクッキーには足元にも及びません。

さて、今後1~2年、アフィリエイト業界、ブロガー達、Googleの動きが目まぐるしく激変しそうですね。これから始める方は、アンテナを張って誰よりも先に行動し、正しい選択が出来れば、ある意味チャンスかもしれませんね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。アカサティナです。今はサラリーマンです。定年まで続けたいとは思っていません。色々第二の人生を考えてます。最近ブログを始めました。70年代生まれ、昭和の人です。ブログはWordPress、テーマは「ストーク」を使ってます。