東亜重工合成人間(第四次生産)の紹介

東亜重工という玩具メーカーの1/12スケール可動フィギュアの商品レビューです。

私は第四次生産販売開始後、すぐに売り切れるのが分かっていたので、出てすぐに購入しました。当時、もっと安かったんですが、現在プレミアがついており、25,000円前後で取引されているようです。

正直、今は値が張りますが、第五次生産まで待てない方で業務用やデザイン系のお仕事で必要な方にとっては買いだと思います。

何が凄いのか?

可動領域の広さ、指一本一本は無理だがほぼ人間と同じ動きが出来る点。眼球も動かせる。

では、その凄さを一部紹介しよう。

ちょっとくつろいでみたり、、、

ちょっとくつろいでみました。

あぐらをかいてカメハメハ

ラジオ体操だって出来ちゃいます。ちゃんとバランスとって自立中。

注射が痛い。

他にも色々と出来ます。筋トレも水泳も、ゴルフのスイングも出来ます。出来なかったのはハイキックです。

ハイキックは片足での自立が難しかったです。時間かければバランス取れるかもしれません。

使い道としては、、、

デッサン、CG制作、漫画、アニメの制作現場、モデルやダンスのポーズや振り付けを考える時、こんな環境で働いたりフリーで活動している人にはめっちゃオススメです。色々使えます。

当blogでは今まで登場させませんでしたが、これからは遊んでばかりではなく、アイキャッチとか3DCG制作等、もう少し働いてもらおうかなと思ってます。私の助手です。

1/6スケールというラインナップもありますが、手のひらサイズの1/12スケールの方が何かと使い勝手が良いかと思います。

2021年9月追記)この記事を投稿した直後に、女性版のフィギュアが予約開始になりました。恐らくですがすぐに完売、又は予約終了になるかと思いますので、ご検討中の方はお早目に!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。アカサティナです。今はサラリーマンです。定年まで続けたいとは思っていません。色々第二の人生を考えてます。最近ブログを始めました。70年代生まれ、昭和の人です。ブログはWordPress、テーマは「ストーク」を使ってます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる