Arduino電子工作に挑戦Part2(人感センサー編)

センサーライト
Pocket

今回は私の自宅の書斎となっているロフトに設置したかった人感センサー付きのLEDライトです。まだ、ブレッドボードに配線をした状態の試作機ですが、一応完成したので紹介したいと思います。

先ずは出来上がりはこんな感じです。

人感センサーライト

作成手順としては以下の通りです。

①回路設計図を作成する。

②プログラムを設計する。(先人達のを参考にさせていただきました)

③Arduino IDEでプログラムを記述しチェックする。

④Arduinoに焼き込む。

⑤回路図通りに配線し動作を確認する。センサー距離や点灯時間を微調整

上記、の②についてはググるといくらでも出てくるので困る事は先ずないでしょう。また、私の場合マイコンボードは余っていたArduino Pro microにしましたが、マウス操作やキーボード操作が無ければ、nanoとか他のでも良いかと思います。

   

■使用した材料

①ブレッドボード(ミニ)
②人感センサー(SB612A)
③LEDライト(白)20mA、3.2V
④抵抗器(100Ω)※使うマイコンボードの出力ボルト数によって変更が必要
⑤ジャンパーピン(5本)
⑥マイコンボード(Arduino Pro micro)

かかったコスト(概算)①130円、②580円、③50円、④10円、⑤20円、⑥600円
合計1,400円位(既製品買った方が安かったw)

使用したマイコンボード互換品はコチラ↓

使用した人感センサー。私は秋葉原で購入しましたが、Amazonにも似たようなのがありました。↓ですが5個もいらないです。という方は3個入り850円というのも別メーカーであったので探してみてください。

   
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。アカサティナです。今はサラリーマンです。定年まで続けたいとは思っていません。色々第二の人生を考えてます。最近ブログを始めました。70年代生まれ、昭和の人です。ブログはWordPress、テーマは「ストーク」を使ってます。