Chapter8:承認、実行(コスト削減、推進)

大規模な改善ではなくスモールスタートでトライアルを実施。前チャプター7で無事に承認を取得出来たのなら、いよいよ改善を実施するフェーズに入る。

   
目次

先ずはスモールスタート

いきなり大規模な改善をやるよりも可能であればスモールスタートでプレ運用を実施しておきたいところ。実際にやってみると想定外の問題課題が出る場合があるからだ。

さて、このスモールスタートを始めるに当たって、しっかり押さえておかなければならない点がある。ここで初めて登場した人物がいるはずだ。現場の作業員達である。

現場の作業員達はいきなりの知らせに戸惑うかもしれない。なのでスモールスタートを始める前に説明会を開く等して、理解を得るようにしよう。また、改善後に起きた些細な事象もフィードバックをしてもらえるよう協力してもらえる空気を作ろう。

改善は5ゲン主義で工場に出向こう

プロジェクトメンバー自身も極力現場に入り、何が起きているのか?目論見通りに改善効果が働いているのか?を検証する。5ゲン主義とは、従来の3現主義である現場、現物、現実に「原理、原則」を加えたもの。

あわせて読みたい
ゼロから始める中小企業コスト削減ノート 製造現場におけるコスト構造を見直し、強く柔軟な体質を持った企業に変革するためのマニュアル ■プロフィール 名前:akasatina 自己紹介:某国内有名企業(日経平均指標...
   

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。アカサティナです。今はサラリーマンです。定年まで続けたいとは思っていません。色々第二の人生を考えてます。最近ブログを始めました。70年代生まれ、昭和の人です。ブログはWordPress、テーマは「ストーク」を使ってます。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる